So-net無料ブログ作成

ウチの愛犬の場合 その④ [口コミはこちら]


愛犬の床を使用しているウチの愛犬の場合 その④。


13歳のシニアラブラドールです。


犬としてはもうけっこうな高齢のためか、
もう愛犬の床で施工したフローリングを走ることはなくなってます。


ケガや滑る心配はなさそうですね。




歩き方自体が元気がなくて「よっこらせ、さぁ歩くか」って感じ。


以前は帰宅するとシッポふりふり玄関まで迎えにきてたけど、今はたまーに。


日がな1日寝ております。




以前の『ウチの愛犬の場合 その①から③』までで書いたように、体もガタがきてますね。


ヘルニアになったり、人で言うメニエール病みたいなやつになったり、日々下痢・・・などなど。




そして今度は肝数値が悪いそう。


酒も飲んでいないのに。


私は酒飲みだから以前の健康診断でγ-GTPが悪く肝臓病って診断されましたけど。


犬が肝臓を悪くするとは!


なんか薬飲ませています。




ホント、犬もヒトと同じで年をとるとかなり体にガタがきます。


愛犬の床でケガをすることはなくなったけど、病気はどうしようもないしね。


愛犬の健康管理は飼い主の義務。


色々と生活スタイルを見直してあげないと!


⇒ 愛犬の床について知りたい方はこちら



また、
フロアコーティング業者は他にもあります。


値段などを比較したい方はこちらから!

⇒ フロアコーティング無料見積もりはこちらから!